七つの大罪まとめ

【七つの大罪】バンとエレインの小説「七つの大罪 セブンデイズ」感想まとめ【ネタバレ】

 

54: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/12/27(土) 00:25:47.71 ID:3zVD52/YO.net
バンエレ小説でたよー

65: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/12/27(土) 10:03:03.72 ID:9RS2JqGu0.net
バンエレ小説読んだけど思ったより良かった
漫画じゃそっけないように見えたけどエレインはやっぱり
キングの事をたった1人の兄として慕っていたのが分かる

68: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/12/27(土) 12:34:46.16 ID:Y1OxGqT+0.net
>>65
原作のおまけ漫画とかみてるとキングがシスコンって感じだけど
実際エレインのがブラコン拗らせてたんだなって印象になった

69: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/12/27(土) 14:23:28.06 ID:aiH0ouVk0.net
>>65
七日間はもういいよと思ってたがそういう描写もあるんなら買ってみようかな

73: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/12/27(土) 15:45:04.97 ID:Y1OxGqT+0.net
>>69
バンとエレインの話というよりエレインと妖精界(と森)の話だったな
最近の本誌の展開とキングの外伝で足りない部分も色々補足されてたから良かった。
妖精界から人間界の様子を見れる映像はキングしか出来ないから
妖精達はキングが出てった後キングがどうなったのか知らない。
さらに神樹が妖精王を選定するので、キングが消えた後も神樹は次の妖精王選定しない
=妖精達からしたらキングはどこかで生きてるはずなのに帰ってこないって事になってた
謎だったエレインだけ森に居た件も、エレインはキング程力がないから1人で森を直接守るしかない
他の羽根あり妖精達はみんな妖精界に引き籠ってたってのもわかって色々スッキリした。

81: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/12/27(土) 19:31:06.93 ID:7TUzIz5/0.net
>>65
原作でもヘルブラムに兄を見守るように頼んだりしてるしな

70: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/12/27(土) 14:50:28.16 ID:erKcN1Nl0.net
七日小説は、バンとエレインのロマンスのみかと思ってたら
むしろ、エレインやハーレクインの印象が大きく変わる内容だった
エレインは他の妖精たちのみならずヘルブラムのことすらも、一律に「同族」としか思ってなかった
たった一人、兄ハーレクインだけに強い感情を持ってたんだな
妖精族に(エレイン個人に?)「友達」という概念すらなかったなんて…
してみるに、ヘルブラムのみならず、黒妖犬のような動物型の妖精すら好いて「友達」だと
言ってたハーレクインは、かなりの変わり者というか情が深いというか

漫画では、しっかり者の妹と彼に叱られるちょっと頼りない兄という印象だったけど
それも、ちょっと違うんだなと感じた
妹に頭ごなしに叱られても、怒りもふてくされも悲しみもせず、「そうだね」と大人しく聞いて
侵入してきた人間たちを殺戮しても、その詳細は妹や妖精たちには見せない
妖精王の森のみならず妖精界そのものすら彼一人の力で守護出来てしまう
兄は性格に難があると評するエレインでも、兄の力の絶対性はみじんも疑ってない
ハーレクインて、思っていたよりずっと、力も心もスケールが大きい人だったのね
凄く強くて優しい。これはいい王様、そしていいお兄ちゃんですよ

バンに関しては、ジバコの詳細に触れられてたのが嬉しかった
日めくりカレンダーで彼の誕生日まで書いてあって、気になってたんだよー
バンの昔の相棒だったのか。昔からおっさんに面倒見てもらう星回りだったのね、バン
しかしジバコはバンを裏切って消えた…
バンはそんな彼のことを全く恨んでないし、探したいとかもう一度会いたいとかすら思ってない
それをエレインは、バンはとても自由なんだと長所に解釈した
けどこれ、キングが「バンは興味がないことには徹底的に無関心」と短所として評したのと表裏一体だよね
兄妹で裏表にバンを解釈してるのも面白かった

85: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/12/27(土) 23:27:51.58 ID:fVIL1Ee90.net
>>70
詳細サンクス
表紙で買う気0だったんだがその内容なら買ってみるわ

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wcomic/1419464502/

 

コメントを残す

このページの先頭へ