七つの大罪まとめ

【七つの大罪】105話『何者でもない』ネタバレきたぞーーー!!【ネタバレ】

 

607: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 11:13:09.31 ID:N4G0WjDC0.net
『何者でもない』

————————————–

たくさんの妖精がバンを迎える
その後方で厳しい表情のキング

バン
「来いよ、キング」

キングとジェリコを連れて行くバン

そこには、全裸で横たわっている
エレインの亡骸があった

キング
「!!」

ジェリコ
「お・・・女の子・・・?
 あれも・・・妖精なのか・・・?」

エレインに驚くキング

————————————–

キングは焦りの表情になり
どこかへ飛び去ってしまう

バン
「・・・」

バンがエレインを抱き寄せる

バン
「エレイン・・・待っていろよ
 何をしてでも必ずオレは
 お前を生き返らせる!」

ジェリコ
「!!」

ジェリコ
(・・・バンがこんな表情
 するなんて・・・

 その娘はいったい・・・
 お前のなんなんだ!?)

————————————–

608: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 11:13:38.85 ID:N4G0WjDC0.net
妖精たちがバンに声をかける

妖精たち
「妖精王様!!
 力になれる事なら
 何でも言って下さい」

バン
「なら妖精王と呼ぶな
 お前らのボスはあいつだ」

バンの返答に驚く妖精たち

妖精たち
「森を蘇らせたバン様こそ
 妖精王に相応しいです!!

 ハーレクインは数人の仲間を
 助けるために森を・・・
 エレイン様を捨てた!!

 あの者に妖精王の資格はない!!」

バン
「そうか・・・ならよ・・・

 たった1人の女を生き返らせるため
 たった1人のダチを殺そうとした

 オレには・・・
 王の資格があンのかよ?」

妖精たち
「・・・」

————————————–

609: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 11:14:28.96 ID:N4G0WjDC0.net
森を1人で歩いているキング

キング
「無理だ・・・今のオイラには・・・
 エレインの顔をまともに見る勇気は・・・」

妖精たちがキングを見つける
石や小枝を投げてくる

妖精たち
「森から出て行け!!
 エレイン様だけじゃない!!

 お前のせいでどれだけの
 仲間や動物が・・・
 あの焔で死んだと思ってる!?

 裏切り者!!!

 なんで森はこんな奴を
 通したんだ!!」

キング
「・・・」

キングは逃げもせず
妖精たちの罵倒を受け入れる

————————————–

その時、キングを庇うように
オスローが巨大化し前に出る

キング
「オスロー!!」

妖精たち
「あのブラックハウンドは!!
 裏切り者と一緒に森を出て行った・・・」

オスローを制止させるキング

キング
「やめるんだ、オスロー!!」

オスロ
「バフォ・・・」

キング
「ありがとう・・・
 でも、彼らは悪くないよ・・・」

オスロー
「っ・・・ふぐっ・・・」

キングが涙を流し始める
その姿にしょんぼりするオスロー

————————————–

610: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 11:15:21.72 ID:N4G0WjDC0.net
そこから離れるキングとオスロー
キングがオスローに話す

キング
「親友と仲間たちを助けるために
 森と妹を捨てた・・・

 なのに仲間を誰1人救えずに
 親友さえ手にかけてしまった

 自分は救いようのない
 ダメな王様だ・・・」

オスロー
「バフォ・・・バフバフォ」

キング
「え?王国に戻ろうって・・・?

 ・・・平和になった王国には
 七つの大罪は必要なくなったよ

 オイラはもう・・・
 妖精王でも・・・七つの大罪でも
 何者でもないんだ・・・

 ディアンヌだって・・・
 オイラといたら・・・
 きっと不幸になる・・・

 うぶ・・・う・・・うう~」

キングがフード(兜)を被り
膝を抱えながら泣き始める

オスロー
「バフォ・・・」

キング
「教えてくれよ・・・
 オイラは・・・一体何なんだ?」

————————————–

611: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 11:16:37.58 ID:N4G0WjDC0.net
その時、キングの頭に
ヘルブラムの声が聞こえてくる

ヘルブラム
「チミはチミだろ
 相変わらずの泣き虫君だにィ」

キング
「へ・・・ヘルブラム!?」

ヘルブラム
「チミがかぶっている冑
 魂という形でボクは宿っている」

キング
「!!」

ヘルブラム
「冑を通してのみボクの姿を見ることが出来る」

キング
「で・・・でもどうして?」

ヘルブラム
「さあね? チミに何度も殺された挙句

 まだあの世にいけないなんてほーんと迷惑な話さ」

キング
「う・・・うぅ~」

————————————–

また泣き始めるキング

ヘルブラム
「ハイハイ、そこ泣かない
 本当はね・・・

 死者の都に行くつもりだったけど親友のチミがほっとけなかった
 チミは何かとすぐ泣くし、ヘコむし、すねるし、ぐーたらするし」

キング
「最後のは悪口だよね」

ヘルブラム
「それにエレインにも・・・もう少しだけチミの側にいてくれないかと頼まれた

 それとチミへの伝言
 バンを守ってね、だとさ」

————————————–

612: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 11:17:10.30 ID:N4G0WjDC0.net
顔がぷくッと膨れるキング

ヘルブラム
「・・・ふくれるなって!
 かわいい妹君の頼みじゃないの!

 それと・・・
 ヘンドリクセンの事が少し気がかりな・・・」

キング
「!!」

ヘルブラム
「う~ん、ではやっぱり
 思い過ごしだと思う」

キング
「も~ビックリさせるなよ~」

少し離れた所からバンがキングの様子を伺っていた

バン
「・・・あいつ大丈夫か?」

バンにヘルブラムは見えない様子

————————————–

613: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 11:17:41.45 ID:N4G0WjDC0.net
【王国】

大罪たちの受章式が
行われようとしていた

7つの大罪だけでなく
ギルサンダー、ハウザーもおり
その他、たくさんの者が集まる

ゴウセル
「バンとキングは仲良く欠席か?」

ディアンヌ
「も~何やってるんだろ!!」

残飯を食べているホーク

マーリン
「ホーク殿、一応国王陛下の
 御前ではあるぞ?」

ホーク
「大丈夫!俺は気にしない!」

メリオダス
「見事に元に戻ったな・・・」

ご飯を食べまくっているせいか
ホークの大きさが元に戻っている

————————————–

614: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 11:18:08.35 ID:N4G0WjDC0.net
騎士たちの中にはメリオダスたちを
よく思っていない者もいる

ひそひそと陰口を叩いたり・・・
舌打ちをしたり・・・

いよいよ、七つの大罪に勲章の
授与が行なわれようとする
(残飯処理騎士団にも)

だが、、メリオダスは王に言う

メリオダス
「意義アリ!!」

————————————–

次号、第106話、『バロールの魔眼』

624: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 17:32:38.64 ID:fVoNn9EH0.net
エレインのバンを守ってって何からだろうな
ヘルブラムのヘンドリへの引っかかる点も気になる

625: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 17:44:30.31 ID:Ap7k12zY0.net
森に魔神来たのっていまだに謎だからそれ関連やろね

626: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 17:48:23.27 ID:zU/ZumPz0.net
魔神族の封印が解けかかっているからだろうな
ここら辺って聖戦のくだりでヘンドリクセンかドレファスあたりが言ってなかったっけ?

627: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 18:06:32.23 ID:HhGnt/eo0.net
ヘンドリ生存か

634: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 21:12:41.11 ID:8Ec2dEN60.net
エスカノールが魔神ハンターだと胸熱だな

635: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 21:53:20.68 ID:82WPAZQo0.net
ばっちょがアニメ化に際して描き下ろした神器でエスカノールがでかい斧持ってるけど手配書見る限り年寄りっぽいのに斧振り回してたら怖いな
それともエスカノールも本当の姿は違うのかな

636: 名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ : 2014/11/24(月) 21:56:03.08 ID:t9O3tYbY0.net
いや伝説になるような聖騎士なんだからジジイだろうが斧振り回す程度余裕だろ

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/wcomic/1416103206/

 

コメントを残す

このページの先頭へ